お悩み相談 | スピリチュアルカウンセラーマリオネット

「マリオネットが今あなたが抱えている悩みの原因をつきとめ、アドバイスをするコーナーです。

人の悩みはそれぞれです。しかし紐解いてみると悩みの根本は意外と単純なのかもしれません。

皆さんも参考にしてあなたの人生のロスタイムを改善へと導いてみてはいかがでしょうか。」

マリオネット

家庭内の問題(子育て、夫婦、嫁姑)、人付き合い、仕事、職場、恋愛、進路など・・・、
あなたの人生のお悩みにマリオネット自らが回答します。
※ご相談は無料です。
※ただ今、申し込み集中の為、回答が遅れていることをご了承下さいますようお願い致します。

前に相談しました (ラファ)

彼女にとうとう振られました。
進路関係が原因です。彼女は僕が重荷だと感じていたようです。
今、僕は高3ですが、僕が自分の進路よりも、彼女の近く(の大学に)に行くことを優先させるのが重荷に感じるらしいです。
結局今は、まだ進路には迷うものの、自分でなんとか決めて頑張ろうと思っています。

そこで、彼女とはこの先どんな関わり方をすれば復縁出来ますか?
自分にとって、彼女は全てです。諦めきれません。
今のところ、ずっと連絡はしていません。
今年になって、人間関係や彼女との別離、自律神経の病気の再発など嫌なことばっかりです。

「恋愛」について、もう一度よく考えてみてください。

彼女とはとうとう別れちゃったみたいで、「復縁はできますか?」ということなんですけど
復縁は考えずに、彼女とはいい友達でいた方がお互いのためにも良いんじゃないかなと思います。
あなたの恋愛の考えというのは、相手のことを思っているようにみえて、自分本位なところが強すぎるんじゃないかなと思います。

あなたが彼女のレベルに志望校を落して、同じ学校に行こうと言ったら、彼女はちょっと重いと感じると思いますよ。
365日彼女のべったりくっついていても、いつか別れが来るんじゃないかな。

それよりは、それぞれが行きたい学校に行って。
それぞれ別々の場所から程よい距離を置いて関わっていく方が、彼女にとっても楽だったんじゃないかなと思います。

あなたは人を好きになる、人を愛する。ということをもう一度考えてみてください。
自分の気持ちを伝えること、自分の我を通してしまうことが、時として今回のような残念な答えを出してしまうことになるんじゃないかなと思います。
相手の立場になって考えてあげたり、相手を本当に思いやる思いやりの心があったり、
ちょっと辛いことがあっても、それをポジティブにとらえて我慢することとか、
そんな小さいことの積み重ねが、恋愛にも関係してくると思います。

果たして進路関係だけが、本当に別れの原因だったのでしょうか?
あなた自身、人を好きになるということ、恋愛をしていくということ、
一方的な考え・想いだけでは続いて行かない。ということを再認識してみましょう。
お互い相手があっての恋愛ですから、あまりあなたみたいにせっかちに自分の気持ちだけを押しつけてしまうと。
今回のように彼女が戸惑ったりしまうかもしれませんね。

復縁をどうしてもしたい。というのであれば、そういう自分本位な恋愛観を直していくことで
もう少し彼女とのコミュニケーションも円滑にできていくと思います。

自律神経の病気のこともですけど。
「つらい。つらい。」と嫌なことばっかりを考えて暮らして行くよりも、1日24時間の中で30分でもいいですから
楽しいことを見つけ出す努力もしてみましょう。そいうことをあなたがするようになると、もっときっと楽しいことも増えるし
彼女も、またあなたのことを好きになってくれるんじゃないかなと思います。


最後に、
皆さん辛いことがあるとよく「死にたい」とか「死にたくなったりします」とかおっしゃるんですけど、
これもまた、自分勝手で自分本位な考え方じゃないかと思います。
あなたがこの世に生まれてきたことにどれだけの人が喜んで、どれだけの人があなたが育っていく為に手を貸してくれたことか・・・
少なくともあなたを生み、育ててくれた御両親が、
あなたの為に何百回も何千回も辛いことを乗り越えてきたからこそ、
今のあなたがあるんだということを、もう一度考えてみてください。
そして、命というものがどれだけ尊いものであるかをもう少し考えてみましょう。

あなたが、ポジティブな考えを持ったり、もう少し大人になる努力をすることで
もしかしたら、あなたが望むような良い結果が生まれるかもしれません。

明日を暗く思うんじゃなくて、明日が来ることを明るく思って。
ポジティブ思考で生きていく努力をしてみてください。
そうすることで周りが少しずつ良い方向に変わっていくはずです。

受験勉強も、そろそろ追い込みの時期だと思います。体に気を付けて、勉強を頑張ってください。

一覧へ戻る