とりえがないのが、とりえです。

スピリチュアルカウンセラー「マリオネット」の公式ブログ

 

クリスマスの天使

またクリスマスにまつわる、思い出です。
娘が2~3才くらいで、まだ保育園に通ってた頃のお話です。
その日は、クリスマスということで園ではちょっとした催しが行われ、
子供たちにはケーキとおせんべいのような、おやつが配られていました。

保育園へ迎えに行った私に、娘は「ママこれ、プレゼント!」と言って
丸めてぐしゃぐしゃになったティッシュを手渡しました。
よく見てみると、何かがティッシュに包まれているようでした。
おそるおそる、その包みをはがしてみると。
ふやけて、しわしわになったおせんべいが現れました。

「クリスマスだから、ママになにかプレゼントをあげなきゃいけない。」
そう考えた娘は、おやつにもらったおせんべいを私のために持って帰ろうとしていたのでした。

しかし、「おせんべいを食べたい」という気持ちを抑えられず。
醤油の部分を舐める。という作戦に出たのです。
包んでは、ちょっと舐め。また食べたくなっては、ちょっと舐め。
そういった娘の葛藤がにふやけてしまったおせんべいと、こびりついたティッシュから想像できました。

「ママにプレゼントをあげたい」という
娘のその気持ちがとってもうれしくて、私は娘に舐めまわされてふやけていて、しかもティッシュがこびりつてるおせんべいを食べました。

なんて、子どもって愛おしいんだろう。
この子を産んで本当に良かった。
心から、そう思いました。

子育てで悩んでらっしゃる親御さんは沢山いらっしゃると思います。
今はつらくても、時が経てば、子どもと過ごしたその一日一日が思い出になっていくんです。
「大変だ」と思う時を刻んでいくのも、大切なことなんですよ。
イライラすることがあっても、「この子は、天使だ!」と思うような一瞬があったり。
子育てには、本当にサプライズがいっぱいです。
悩むよりは、楽しんで子育てをしましょう!

私にとって、12月は子どもとの思い出が多いちょっと特別な月です。
街にはイルミネーションが輝いたり、可愛いクリスマスグッズが店頭に並んでいたり。
寒さは厳しくなるんですけど、なんだかあったかい気持ちになれるんです。

幼い時の娘を思い出しながら、自分の幼かった時のことも思い出して
親に感謝しなきゃなぁ。何か素敵なクリスマスプレゼントを贈ろう。
そんな気分にさせてくれます。

お子さんがいらっしゃる御家庭は、クリスマスツリーをみんなで飾りつけたり、イルミネーションを飾ってみたり。
思い出に残るような、温かいクリスマスをお過ごしください。

公式ホームページへ
カテゴリ : 日記
By マリオネット
On 2009/12/20 日曜日
At 16:36:15
コメント :
 

コメントする